このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

山本くん山本くん

かんぽ生命の入院保険金の請求に行きたいんですが
両足を骨折していて郵便局へいけないよ…

骨折で入院して手術を受けた山本くん。
退院は出来たものの、まだ外出するのも一苦労。

入院費用や、その他もろもろの出費に備えてかんぽ生命の保険には入っていたものの
入院保険金の請求に行くことが出来ずに困っているようですね。

こんな時に代理の人に手続きをお願い出来たら便利ですよね。

しかし、保険の証券と必要な書類をご家族などに預けて窓口へ行って貰うだけでは
入院保険金の請求には応じてはもらえません!

代理の人に手続きを代わりにして貰うためには

請求する権利がある人が、直筆で記入した

委任状

が、必要なんです!

今回は、両足を骨折して動くことのできない山本くんが
入院保険金をゲット出来るように、かんぽの請求の委任について調べて参りましょう!

委任状は誰が記入するの?

保険は請求する保険金の種類によって

請求の権利が有る人が違ってきます。

まずは基本的な事では有りますがそこから説明させていただきます。

1.保険契約者が請求するもの

保険契約者とは、保険を契約して保険料の支払いをしている方になります。

簡単に言うと、保険をかけている人ということになります。

契約者が請求するものには

解約返戻金や契約が失効した場合の失効返戻金学資祝金
他には契約者貸付金などが有ります。

2.被保険者が請求するもの

被保険者とは、保障の対象になっているかたになります。

こちらも簡単に言ってしまうと、保険をかけられている人です。

被保険者が請求するものには

受取人無指定の場合の満期保険金。
同じく、受取人無指定の場合の生存保険金。

他には、疾病・傷害入院保険金、手術保険金などがあります。

3.各種受取人が請求するもの

こちらは受取人が指定されている

満期保険金・生存保険金・死亡保険金などになります。

山本くんの入院保険金請求の場合は?

今回は、山本くんが契約者として山本くん自身に保険をかけていますので

契約者=山本くん

被保険者=山本くん

と、いうことになります。

入院と手術の保険金は

2番の「被保険者が請求するもの」になるので

被保険者としての山本くんが委任状を書くことになります。

今回は契約者=被保険者の契約ですが

例えば、山本くんのお母さんが契約者として山本くんに保険をかけていた場合

契約者=山本母

被保険者=山本くん

となりますが、入院関連の保険金請求を契約者が行う場合でも

被保険者である山本くんの委任状が必要になります。


スポンサーリンク

このように、請求する保険金等によって委任状を書く人が変わってきますので
保険証券の内容と今回なんのお金を請求するのかしっかり確認することが必要です!

分からない時は、お近くの郵便局などで確認をしたほうが安心ですね。

委任状の書き方は?

委任状の用紙は

こちらのかんぽ生命ホームページからダウンロードするか

お近くの郵便局の窓口でもらうことが出来ます。

  • 記入年月日
  • 委任する方(委任者)
  • 請求にいらっしゃる方(委任代理人)
  • 委任内容

全ての欄を、委任する方が直筆で記入する必要が有ります。

一部でも、委任する方以外が記入している場合は

委任する方へ電話で委任内容等の確認を出来ないと

請求が受け付けてもらえないので要注意です。

委任状の他に委任するために必要な書類

委任するさいに必要な書類は

請求する金額保険金の受取方

によって、変わってきます。

では、それぞれの必要書類について確認していきましょう!

1回の支払う金額が10,000円以下

この場合は委任状は不要です。

・委任者の本人確認の出来る書類(顔写真入りのもの)
 ※顔写真の無い証明書類の場合は2種類

・委任代理人の本人確認の出来る書類(顔写真入りのもの)
 ※顔写真の無い証明書類の場合は2種類

・委任代理人の印鑑

1回の支払う金額が10,001円以上

この場合は受取方法によって必要書類が変わってきます。

委任者名義の口座で受け取る場合

・委任者本人名義の、通帳・キャッシュカード
(ゆうちょ銀行以外の金融機関のものでもOK)

・委任状

・委任者の本人確認の出来る書類(顔写真入りのもの)
 ※顔写真の無い証明書類の場合は2種類

・委任代理人の本人確認の出来る書類(顔写真入りのもの)
 ※顔写真の無い証明書類の場合は2種類

・委任代理人の印鑑

現金を受け取る場合

・委任状

・委任者のみが使用する、本人確認の出来る書類(顔写真入りのもの)
 ※顔写真の無い証明書類の場合は2種類

・委任代理人の本人確認の出来る書類(顔写真入りのもの)
 ※顔写真の無い証明書類の場合は2種類

・委任代理人の印鑑

となりますが、原則として口座への振り込みによる支払いをお願いされるようです。
こちらの方法で請求を行うことは余りないらしいですよ。

その他必要書類

委任関連の書類の他に

入院保険金の請求などで有れば入院証明書等。
死亡保険金であれば死亡証明書等の書類も必要になります。

この辺は、請求するものによって変わってきますので
かんぽ生命ホームページで確認するか、郵便局へ問い合わせてから用意すると確実ですね。

まとめ

・自分で請求に行けない場合には、委任状を書いて代理の人に請求を委任できる。

・請求する保険金によって、委任状を書く人が変わってくる。

・請求金額、受取方法によって必要書類が違う。

・保険金等は原則、口座への振り込みを勧められる。


スポンサーリンク

コメントを残す