このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

今年、お祖母ちゃんを亡くした山本くん。

時間が少し悲しさを薄めてくれてはいますが、小さいころから可愛がってくれていたおばあちゃんのことを、大切に思う気持ちはより強くなっています。

そんな大切なおばあちゃんの喪に服しているので、もちろん年賀状の欠礼の挨拶を出そうと思っています。

でも、

年賀欠礼の挨拶状ってどうやって書いたらいいんだろう?
決まった書式があるのだろうか?ハガキは普通のハガキでいいのかな?
いつころまでに届くようにすればいいの?

と、分からないことだらけ。

身近な人が亡くなる事って、そうそうしょっちゅう起きることではないですから、どうすればいいのか分からないことも出てきます。

とはいえ、日ごろお世話になっている方に、失礼があってもいけませんから今回は年賀欠礼の挨拶状、所謂、喪中ハガキについてのあれこれをしっかり学んでいきましょう。

喪中はがきはどういう時に送るもの?

まず、喪中はがきを出すのは誰が亡くなった場合かを確認していきましょう。

一般的には、二親等以内の親族が亡くなった場合に出すことが多いようです。

二親等以内ということは、配偶者・父母・子・兄弟姉妹・祖父母・孫ということになります。

でも、亡くなった方との繋がりが強ければ、そこは曾祖父母であったり、叔父叔母等、2親等の範囲外であったとしても問題はありません。

受け取られる方が年賀状の準備を始める前、11月中か遅くとも12月上旬までには届くように出してください。

喪中はがきの内容は?

喪中はがきは普通のお便りとはちがい、拝啓などの頭語や敬具などの結語は使用しません。時候の挨拶も不要です。

句読点なども、弔電などと同じく使用しないこととされています。
何故かというと、日本古来からの毛筆の文書には句読点が無かったため、改まった文章などには句読点を使わないそうです。卒業証書とか賞状などにも句読点が無いのも同じ理由からですね。

年賀・お慶びなどのおめでたい言葉や、重ね重ね・度々などといった表現も避けるようにして下さい。


スポンサーリンク

年賀欠礼のご挨拶になりますので、ご自身の近況報告(引っ越しました、結婚しました等)は、しないように注意してください。

ここまで、書いちゃいけないことを延々お伝えしましたが、逆に必ず書かなくてはいけないこともあります。
故人の名前・亡くなった年月日・年齢(一般的に数え歳)・差出人からの続柄は当然ながら必要になります。

喪中はがき例文

以上のことを踏まえて簡単な例文を作ってみますと

喪中につき年始のご挨拶を遠慮申し上げます

本年〇月△日 祖母 山本 〇子が88歳にて永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情に感謝しますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

平成〇〇年十一月(12月に出す場合は十二月ですよ)

こんな感じになりますね。

喪中はがき例文などと検索すると、もっとしっかりした例文が見つかると思います。

喪中用のハガキは郵便局で売っているの?

郵便局では表の切手部分(料額印面)が胡蝶蘭の模様になっているものを喪中用にお勧めしています。
また、裏面の文言が印字済みのハガキも11月くらいから販売しています。

また九月から喪中はがき印刷のカタログも取り扱いが始まりますので、ご自分で作るのが大変だなと思われる方は利用をご検討ください。

年末に不幸があって喪中はがきが間に合わない

12月に入ってから不幸があった場合等は、もう受け取られる方の年賀状の準備が終わっている事も考えられますよね。

そういう場合には、年賀状を受け取って松の内(元日~7日)が明けてから、寒中見舞いで喪中で年賀の挨拶をしなかったことを伝えましょう。

寒中見舞いにはご自分の近況などを書き添えても、失礼に当たりませんので喪中はがきを出さずに年賀はがきを受け取ってから、寒中見舞いを送られる方も最近はいらっしゃるようです。

まとめ

・概ね2親等までの親族が亡くなった場合に喪中はがきをだす

・喪中ハガキには色々とマナーがある

・11月~12月頭には相手に届くように出す

・料額印面が胡蝶蘭のハガキを喪中用に使うことが多い

・喪中はがきが間に合わない場合は、1月7日過ぎに寒中見舞いをおくる


スポンサーリンク