このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

一心不乱に張り切ってお手紙書いてたら、便箋の数がとんでもない枚数になっちゃった・・・。封筒、滅茶苦茶ぶ厚いし重さもすごい。




これって一体いくらで送れるんだろう〜??

なんて、極端な人はあまり居ないでしょうけど、「この封筒いくらで送れるんだろう?」って思うこと多くないですか?

今日は、郵便を送るときに気を付けるポイントをちょっと調べてみました!

封筒のサイズと重さに上限はあるの?

封書の郵便の種類には、大きく分けて定形郵便と定形外郵便の2種類あります。

定形郵便

長さ14~23.5cm、幅9~12cm、厚さ1cm

その中でも、
①25g以内のもの
②50g以内のもの
と、2種類に分かれています。

定形外郵便(定型の大きさを超えるもの)

①規格内・・長い辺が34cm、短い辺が25cm、厚さ3cm、重さ1kg以内
②規格外・・1を超えて、縦横高さの合計90cm、重さ4kg以内
と、こちらも2種類に分かれています。

ちなみに、長さ14cm幅9cmよりも小さい封筒は郵便で送ることはできません。規定の最小以上の封筒の中に封筒を入れて送りましょう。

縦横高の合計が90cmを超えたり、重さが4kg以上になってしまった場合は、封書としては送れないので、ゆうパックでの発送になります。

※ゆうパックについて知りたい方は別の記事にまとめているので、そちらを参照していただけると、とてもうれしいです(笑)


スポンサーリンク

それぞれの料金ってどうなってるの?

封書は84円!ってイメージがあると思いますが

これが当てはまるのは定形郵便の①25g以内のものです。②50gまでの定形郵便は、94円となりますので注意してください。

定形外郵便は重さと、規格内なのか規格外なのかで料金が変わります。

 50g以内・・規格内 120円、規格外 200円
100g以内・・規格内 140円、規格外 220円
150g以内・・規格内 210円、規格外 300円
250g以内・・規格内 250円、規格外 350円
500g以内・・規格内 390円、規格外 510円
 1kg以内・・規格内 580円、規格外 710円
 2kg以内・・         規格外1040円
 4kg以内・・         規格外1350円

2kgと4kgのところ規格内が抜けてる!ミスプリントだ!
と、思ったあなたちょっと深呼吸して・・

すこし戻って、定形外の規格内のところをよく読んでみましょう。

そう、1kg超えちゃうと規格内では出せなかったですよね(笑)


定形郵便、定形外郵便物を合わせて第一種郵便と呼びます。

郵便局で郵便料金表をもらってくるか、郵便局のホームページで確認する場合は、第一種郵便の項目で確認してくださいね。

まとめ

・封書は封筒のサイズで、第一種定形・第一種定形外(規格内)・第一種定形外(規格外)の3種類がある。
・その3種類は重さによってそれぞれ料金が決まっている。
・決まったサイズより小さいもの、大きいものは第一種郵便としては差し出せない。

※規格内・規格外の区別や重さについては、なかなか判断に迷うこともあるかと思いますので、その時にはお近くの郵便窓口で相談することをお勧めします。


スポンサーリンク