このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

郵便屋さん:「ピンポーン!ゆうパックお届けでーす!」

Aさん:「はーい!(印鑑押し)お疲れさまでーす!」

わーい!ネット通販で買ったパナマ産高級コーヒ豆、ゲイシャが届いたぞー!
早速開けてみよう(ガサゴソ、ガサガサ)

・・・・これは!!頼んだものとちがーう(ガーン)

コーヒー、豆のままじゃなくて、挽いて粉になってるじゃないか・・・トホホホ



これは苦情の電話しないと(ぴぽぱぽぴ・・・・)

(とぅるるるるるー・・・)


店員さん:「はい、〇〇通販です。いかがなさいましたか?」

Aさん:「すいません!頼んだ物と違うものが届いたんですけど(怒)」

店員さん:「それは申し訳ありません。恐れ入りますが着払いでご返品くださいましたら、正しい商品をお送りいたします。」

Aさん:「・・・・ちゃ、着払いだと!(え?着払いってなんだろう・・・?)」

なんて感じで、注文したものと違うものが届いてしまったり、破損した状態で届いてしまった。なんて経験はありますか?

着払いで返品してくださいと言われてしまったのですが、Aさんは着払いをわかっていない様子なので、今回は着払いについて調べていきましょう。

着払いはゆうパック・ゆうメール・ゆうパケットでできる!

着払いとは、読んで字のごとく、料金を到着した先で払うことです。

郵便局の場合、着払いはゆうパック・ゆうメール・ゆうパケットにしかない取り扱いになります。どんなに軽くて小さいものだったとしても、普通郵便では出すことができません。

ゆうパックラベルは、着払い専用のものがあるため、一般のゆうパックラベルに書いて持っていくと郵便局員さんに、着払いラベルへの書き直しをお願いされます。


スポンサーリンク

システム上、着払い専用のラベルでしか着払いの引受入力はできないので、その場合は文句は言わず書いてあげてください。

ゆうメール・ゆうパケットの場合は窓口に差し出すときに、「着払いでお願いします」と声をかけてください。

それぞれの料金と特徴についてみていきましょう。

着払ゆうパックの料金は?チルドやセキュリティはつけられる?

着払いゆうパックの料金は、普通に差し出すゆうパックと同じ料金になります。地帯とサイズによって変わってきます。

チルドやセキュリティ(普通郵便でいうところの書留)もつけることが出来ますので高価なものを送る場合や、生ものなどを送る場合にも安心ですね。

着払いゆうメール・ゆうパケットの場合

着払いゆうメール・ゆうパケットの場合は、着払い料金21円を送料と一緒に受取人が支払うことになります。

速達・書留・特定記録の扱いもつけることが出来ますので、その場合は速達料金等も受取人が合わせて支払うことになります。

着払いの受取を拒否された場合

今回のケースの場合は受取人から依頼されて、着払いで送っているので受取を拒否されることは考えづらいですが

万が一、着払いの受取を拒否されてしまった場合、そのゆうパック等は差出人であるあなたの元へ戻ってくることとなります。戻ってくるだけではなく、着払い分の料金をあなたが払わなくてはなりません。

着払いで送る際には、受け取る方にしっかりと着払いで送る旨を伝えて、了承を取ることが大切です。

逆に、心当たりのない着払いが来た時には、受取を拒否できる事も覚えておいてください。
送りつけ詐欺だとか、色々と物騒なこともありますので、注意するに越したことはないですよね。

まとめ

・着払いは、ゆうパック・ゆうメール・ゆうパケットで利用できる。
・ゆうパックは専用ラベルがある。
・着払い料金はゆうパック無料。ゆうメール・ゆうパケットは21円。
・チルドなどの特殊取り扱いもつけることが可能。
・着払いの受取は拒否できる。その場合料金は差出人に請求される。


スポンサーリンク