このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

山本くん山本くん

山下さんと山田さんと山岡さんあての郵便がポストに入っているぞ

僕の名前は山本なのに。。。

おや?郵便物が誤配になってしまったようですね。

区分やら色々なことが機械化されて来ている昨今ですが

どんなに機械化が進んだとしても

最終的には人の手を介して配達される郵便。

どうしても人間のやることですから間違いも起こってしまいます。

今回のように山本家に、山田・山下・山岡あての郵便が配達になるような

人間離れした間違いをする人は恐らく居ないですけど

近くに、同じ苗字の家が沢山あったり

一文字違いの氏名だったり、同姓同名だったりした場合は

あってもらっては困りますけど、時として誤配達が発生してしまいます。

そんな時にはどうしたら良いのかについて調べていきましょう!

誤配になった郵便物への対処方法

郵便屋さんのミスだとはいえ、今手元にある誤配された郵便物は

どこかで誰かが、到着を心待ちにしている郵便かもしれません。

腹立ちに任せて、破り捨てたり燃やしてしまう訳にもいきません。

とりあえず、正しい受取人の元へ届くように手配しなくてはなりませんよね。

具体的にはどんな方法があるか、一つ一つ考えていきましょう。

1.正当な受取人の家まで届けてあげる

隣の家の郵便がたまたま入っていたり、

近くの知り合いの郵便だったら持って行ってあげようかと

思うかもしれませんが、これはお勧め出来ません。

お勧め出来ない理由は二点あります。

・誤配があった事実が郵便局に伝わらない。

誤配が有ったことを郵便局に伝えないと

今後も同じ間違いを繰り返される恐れがあります

しっかりと今後の対処をして貰うためにも

誤配が有ったことは苦情申告しましょう!
 

・他の人に知られたくない郵便物だった場合、親切心からの行為なのに嫌がられる可能性が有る

税金の督促だったり貸金業者からのお知らせだったり

あまり、人に知られたくない郵便物もありますよね。

そんな時は見なかったことにして別な方法で

相手の手元に届くように取り計らってあげましょう。


スポンサーリンク

2.ポストに投函する

ポストに投函してあげれば、もう一回仕切り直しで正当な受取人に届くよね♪

と、ポストに入れてしまうのも今一つお勧めできません。

届けてあげる場合と同じく、郵便局に誤配の事実が伝わらないことと

万が一、その郵便物の届け先があなたの家だと誤認されていた場合は

再び誤配されてしまう可能性が無いとは言い切れません。

では、どう対処すればいいのか・・・

私が一番おすすめする方法は

3.郵便局へ誤配の苦情を言ってやる

直接、郵便局へ苦情をぶつけてあげるのが最も良い解決策です。

配達する郵便局へ電話をして誤配があったこと

たびたび誤配が有り迷惑していること(今回が最初でも・・・)

今すぐ回収に来て貰いたいことを伝えてあげましょう。

この方法で有れば、誤配の事実が伝わり今後の対策も取ってもらえます。

取りに来るのを待てない場合は

近くの郵便局に上記の内容を伝えて郵便物を置いてきましょう。

同じ内容を記入した紙をくっつけて、ポストに投函してあげてもいいでしょう。
(日本郵便ホームページでは誤配になった旨を記載した付箋をはってポストに入れてくださいとなっています。)

なんにせよ誤配が有った事実と迷惑を被っていることをきっちり伝えてあげましょう。

番外編.間違えて誤配郵便物を開封してしまった場合

この場合も郵便局へ電話をして誤配が有ったことと

誤って開封したことを伝えてあげましょう。

誤配自体が有ってはならないことですので

その後の対応はすべて郵便局へ任せてしまってOKです。

ただ、今後は宛名を確認してから開封するようにしましょうね。

もし、自分宛の手紙がどこの誰とも知らないひとに開封されてから配達されたら嫌ですよね(笑)

まとめ

・誤配が有った事実を郵便局に知ってもらう

・今後誤配が無いよう対策をたててもらう

・開封してしまった場合も後の対応は郵便局へ丸投げする


スポンサーリンク