このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket


スポンサーリンク

さあ、お金が必要だ!!というときに、窓口で払い戻しの用紙を書いて、印鑑を押して「お願いします!」なんて言いながら窓口の局員さんに渡す…。

なかなか煩わしかったりしますよね。




そんな時、誰とも話さずに入出金ができるATM(自動預払機)なら、人見知りの人でも安心してお金を下ろすことができますね。

そんな、とっても便利なゆうちょ銀行ATM。

さらに便利に!もっとお得に!使える方法を調べていこうとおもいます。

ゆうちょ銀行のATMはどこでも手数料無料!

まず基礎知識として、ゆうちょのATMって全国に何台あるんでしょうか?

ゆうちょ銀行・郵便局併せて約24,000店舗、その他に駅構内や病院、ショッピングモール等にも置いてありますよね。

その数なんと約27,000台!

1年365日、日本中どこのATMを使っても引き出し手数料が無料です。

郵便局の無い市町村は無いですから、どこに行っても時間内なら手数料が掛からないと言うことですね。(取扱時間は各ATMによって違います。)

一部のコンビニエンスストアには、ゆうちょATMが設置されているところもあり、こちらは24時間いつでも手数料無料。

他の金融機関だと、時間や曜日によって110円とか220円掛かっちゃいますよね。


スポンサーリンク

ATMなら口座間の送金も手数料が安くなるって知ってた?!

手数料が掛からないといえば、ATMを使って、ゆうちょ口座間の送金を行うと、手数料100円で送ることができます。

ゆうちょの口座間送金を窓口ですると、1回146円の手数料がかかっちゃうんですよね。

例えば、
・毎月、本州の大学へ通う娘さんに仕送りをする。
・家賃をゆうちょ口座に振り込む。

など、2回送金が必要な方の場合、窓口であれば146円×2回=292円。

一年間で約3,500円の出費になってしまいます!これを窓口ではなく、ATMを利用するだけで3分の2で済んじゃうんです。

年間でたったの1,000円?って思っちゃったあなた!

ちょっと冷静に、今の金利を考えてみましょうか。

・通常貯金の金利は0.001%
・定期貯金でも0.01%

たったの1,000円をゆうちょの利息でもらうとしたら、通常貯金にいくら預けないといけなくなりますか?

なんと、約1億円なんですよ!!

一年間ずっと1億円以上を預け続けて、ようやく貰える利息と一緒なんですよ!

定期貯金で稼ぎだすとしても約1,000万円が必要…。
節約できるところは節約するのって大切ですよね!

最後に

超低金利で、利息は雀の涙にもならないような状況なんですから、ゆうちょ銀行のATMを賢く使って、余計な手数料払うのはやめましょう!


スポンサーリンク